人との付き合いは大切「出会いrifo-mu」

Monthly Archives: 12月 2014

精力の落ちた夫の代わりとしてセフレを出会いサイトで作りました

私の夫は若い頃は精力に溢れていたのですが、最近ではそれもだいぶ落ちて来てしまっているのです。
ですから最近では疲れているとか言って、私の求めを拒否する事が多くなって来てしまったのです。
私としてはもっと夫とエッチをしたのですが、精力の落ちた夫に無理強いしてもかわいそうなので諦めるようになりました。
しかしそれは夫に対してであって、他の男性とならエッチができると考えました。
私の行き場のない性欲を満足させるには、早速セフレを募集したいと思ったのです。
そして私はかつて夫と出会う前に使っていた出会いサイトを用い、セフレ探しを開始したのです。
やはりエッチをするなら若々しい男性が良いと思ったので、私は出会いサイトに、若くて勢力に溢れる人とセフレ関係に成りたいです、と書き込みました。
そしたら出会いサイトを通じて何人もの男性が連絡をしてきて、私はその中からタイプの男性を選び出したのです。
夫は私のタイプと言う訳ではなく、将来が保証されているから結婚したのです。
ですからセフレには理想のタイプを選ぶことにしたのです。
私はマッチョで男臭い男性がタイプなのです。
選んだ男性は正にそういう感じの人で、この人とならいくらでもエッチが楽しめそうだと思いました。
裸になった彼の体は筋肉モリモリで、如何にも男と言う感じの体をしていました。
私はその体に魅了され、彼とのエッチを十分楽しんだのです。
理想のタイプのセフレが出来た事で、精力の落ちた夫が居ても、私の性欲は十分満たされることになったのです。
[千葉県|30代|女性|主婦]

ビビッときた相手と結婚して幸せになりたい!

恋愛で出会った瞬間にビビッときたことは、正直、私にはまだありません。
でも、出会った瞬間に、「あっかっこいい!」と思うことは結構あります。
一目惚れまではいかなくても、直感でかっこいいな~と思うことは誰でもあるのではないでしょうか。
一目惚れした相手と結婚したあとに、そういえばあの時ビビッときたと思うこともあるかもしれません。
たまに、芸能界の夫婦などが、「出会った時にビビッときました。」なんて話しているところを見たことがあります。
私にはビビッときた経験がないので、どういう感じなのかが分かりませんが、ビビッときたら、なんだか運命的な出会いのような気がするので、憧れます。
出会った時にビビッときた相手と結婚して、幸せに暮らすことができたら、本当に夢みたいだし、理想だと思います。
今、全然出会いがなくて悩んでいるくらいなので、ビビッとくる運命の人と出会えるように、私なりに努力してみようかなと思います。
頑張ります!

職場での運命の出会い。

妻との最初の出会いは今から十数年前の事です。

私は某会社支店の社員でその時妻が中途採用面接でこの会社にやってきました。

面接の受付を担当していたのですが、その時4.5名いた中でも妻はとても小さい方でした。

これが第一印象になります。

面接概要を説明している時には相手の目をじっと見ながら聞く姿勢に好感を持った事を覚えています。

面接という場所ですからパフォーマンスも入っていたかもしれませんが..。

面接官は上司だったのですが、行程もすべて終わり上司から面接者の感想を問われました。

受付で説明しかしていなかったのですが、やはりその時に妻をプッシュしました。

上司も妻を気に行っていたらしくその後めでたく採用に至りました。

入社が決まり私が教育リーダーに任命されましたが、仕事に取り組む姿勢には感心させられました。

自分が納得できない事にはとことん追求し向上力に優れた女性でした。

日を重ねる事に距離が近くなっていき現在結婚するに至りました。

近寄りがたいオーラの持ち主の意外な一面

今の彼と初めて会ったのは、大学の講義中でした。
彼は珍しい名字の人だったので、教授が出席を取る時に名前を聞いて、「珍しい名前の人がいるなあ」とは思っていたのですが、実際に顔を見たのは少人数の実験で同じ班になったときのこと。
痩せ型で飄々とした雰囲気の、ちょっと近寄りがたい人という印象でした。
話しかけても最低限の答えしかかえってこないし、「ああ、この人は他人に興味がないタイプなんだ」と思ってしまうような…
そんな彼が、実験中にミスを犯してしまい、わたしたち班のメンバーは居残りで再実験が決まってしまったことから急接近。
どうしても外せないバイトがあるから、と他のメンバーどころか、教授までが帰ってしまい、二人っきりに。
作業をしながら、なんとなく最近見た映画の話をすると、思わぬ食いつきっぷり。
「あの映画見たんだ!じゃああれは見た?こっちは?ちょっと古いけどこんなのは?」
と、結構詳しい自信があったわたしも知らない映画を次々とオススメしてくれて。
嬉しそうに話す姿が可愛くて、わたしからアプローチするきっかけになる出来事でした。